日焼けを知る

シミとシワでは日焼けの紫外線対策が違う…知っておきたい紫外線AとBの種類 

更新日:

太陽から降り注ぐ紫外線が肌に与える2大ダメージといえば?

しみ&しわ

実はこのシミとシワ、紫外線の種類が異なります。だから日焼け対策も異なるんです。

アラサーママ
紫外線は紫外線で一つじゃないの?
ちがうんです。紫外線の種類を知るだけで、正しい日焼け対策につながります。

紫外線とは?

紫外線は、太陽から注いてくる波長のこと。

アラサー主婦
波長?
波の長さです。
アラサー主婦
波?・・・海?
違います。気象庁の説明です。

太陽からの日射は、波長により、赤外線、可視光線および紫外線に分けられます。可視光線よりも波長の短いものが紫外線です。紫外線(UV)の中でも、波長の長いほうからA・B・C と大別されています。フロン等によりオゾン層が破壊されると、地上において生物に有害な紫外線(UV-B)が増加し、生物への悪影響が増大することが懸念されます。


(画像引用:気象庁HPのスクリーンショット)

このうち、地上に届くのはUV-AとUV-B。

 UV-A (315-400 nm)
大気による吸収をあまり受けずに地表に到達します。生物に与える影響はUV-Bと比較すると小さいものです。太陽からの日射にしめる割合は数%程度です。
 UV-B (280-315 nm)
成層圏オゾンにより大部分が吸収され、残りが地表に到達します。生物に大きな影響を与えます。太陽からの日射にしめる割合は0.1%程度です。
 UV-C (100-280 nm)
成層圏及びそれよりも上空のオゾンと酸素分子によって全て吸収され、地表には到達しません。

(画像引用:気象庁HPのスクリーンショット)

アラサーママ
紫外線Aは数%、紫外線Bは0.1%なのに肌にダメージ与えちゃうんだ
そうなんです。それだけヤバイってこと。

紫外線A(UV-A)と紫外線B(UV-B)の違い

わたしたちに悪さするのは強くて短い波長のUV-Bと弱くて長い波長のUV-Aの2種類。

短い波長のUV-Bを浴びると?

△弱いとメラニン(黒い色素)が紫外線から肌を守ってくれます。ところが・・・

△肌が焼けるのはこのUV-B。メラニンが増えすぎるとシミや皮膚がんの原因になります。

紫外線の波長が短いUV-Bはシミや皮膚がんの原因になる

長い波長のUV-Aを浴びすぎると?
紫外線の波長が長いUV-Aはシワやたるみ、肌の老化の原因になる

つまり、加齢だと思っていたシワやたるみが紫外線による影響の可能性もあるということ。UV-Aによる肌のダメージには黄色にくすむ「黄ぐすみ」も心配されます。

【NHKあさイチ】日焼けによるシミより怖い「黄ぐすみ」しわ老化を防ぐ正しい紫外線対策

2017年6月28日にNHK「あさイチ」で黄ぐすみを特集していました。 黄ぐすみとは日焼けによるシミ ...

続きを見る

紫外線A(UV-A)は窓ガラスを通過する

さらに、UV-A(波長が長いほう)がやっかいなのは、雲や窓ガラスを通って室内にも侵入できちゃうこと。室内にいるから安心できないし、曇りの日にワンコのお散歩をしていても紫外線対策をしていなければ肌の老化が着々と進行していることになりかねないんです。

曇りの日どころか、小雨混じりの日にゴルフをしたスタッフの腕をご覧ください。

顔も腕も真っ赤、メガネを外すと日焼け跡との境い目がクッキリと残っていました。
<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja">
<p dir="ltr" lang="ja">トラック運転手歴28年の男性。左ハンドルだから左側の窓ガラスから太陽の光を浴びていたことになります。紫外線UV-Aはコワイですね。 <a href="https://t.co/iSs7tnZnRW">pic.twitter.com/iSs7tnZnRW</a></p>
— 日々を紡ぐてれび (@1102tv) <a href="https://twitter.com/1102tv/status/866491865742196737?ref_src=twsrc%5Etfw">2017年5月22日</a></blockquote>
<script async="" src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
28年間トラック運転手だった当時69歳のおじいちゃん。左ハンドルなので顔の左半分だけ日差しを浴び続けました。その結果、左だけシワだらけに。右側の顔とはまるで別人のようになってしまいました。

窓を閉めていたらUV-Bは大丈夫。室内にいればシミの原因は防げます。

でも、UV-Aは浴びているので日当たりのいい部屋は要注意!室内にいてもジワジワと肌の老化が進行しているかもしれないんです。

アラサーママ
ウソだといって…室内で日焼け対策なんてしたことないんですケド
目も紫外線のダメージを受けます。ファッションではなくUVカットのサングラスは絶対にかけたほうがいいんです。

子供も同じ。日焼け対策がすすむ欧米では、アウトドアでスポーツをするときは日焼け止め、帽子、サングラスは三種の神器になっています。

子供はまだ大丈夫、という意識がある日本は日焼け対策の後進国を言われても仕方ない現実があるようです。

まとめ


紫外線AとBの違いはこちら。

UV-A UV-B
肌へのダメージ シワや老化の原因 シミやくすみの原因
波長 弱くて長い 強くて短い
日焼け止めの表示 PA SPF
特長 うす曇りや窓を通過する

日焼けしていないからと安心しがちですが、肌へのダメージは着々と進行していることもありえる・・・それが紫外線のおそろしさなのです。

-日焼けを知る
-, , , , , , ,

Copyright© もうシミを作らないぞっ , 2019 All Rights Reserved.