紫外線対策

【NHKあさイチ】日焼けによるシミより怖い「黄ぐすみ」しわ老化を防ぐ正しい紫外線対策

更新日:

2017年6月28日にNHK「あさイチ」で黄ぐすみを特集していました。

黄ぐすみとは日焼けによるシミと同じ紫外線の影響により起こるもの。肌の老化により引き起こされる「結果」です。日焼けは1日で肌が黒くなりますが、黄ぐすみは長い年月をかけて黄色がかった色に変色してしまうのです。いま、対策を怠るとシワだらけの30代〜80代を迎えてしまいかねません。

正しい日焼け止めクリームの塗り方を覚えれば、黄ぐすみしないみずみずしい肌をキープできます。

黄ぐすみとは

太陽から降り注ぐ紫外線は3種類あって、そのうち地上に届くのはUV-AとUV-Bの2種類です。左側が紫外線A波、いわゆるUV-A。右側が紫外線B波、いわゆるUV-Bです。

肌が黒くなる日焼けは紫外線B波の影響が大。肌の表皮に作用し赤くなったり黒くなったりします。紫外線が表皮にあたってメラニンが作られ黒くなる状態ですね。

でも表皮は生まれ変わりが早いので4週間ほどではがれおち、元の肌の色に戻ります。

一方、黄ぐすみは紫外線A波。肌の奥にある真皮に届き、真皮のタンパク質の色が黄色く変色してしまいます。しかも、真皮が生まれ変わるのには10年かかるともいわれているとか。

専門家いわく、日焼けと違ってじわじわボディーブローのように効いてくるのが黄ぐすみ。一度できてしまうと簡単には戻せない、とてもやっかいな肌トラブルなんです。

黄ぐすみセルフチェック

黄ぐすみかどうをチェックする方法です。

  1. 鏡の前に立つ
  2. 日が当たらない二の腕の内側とすっぴんの顔色を比べる
  3. 顔の色が黄色がかっていたら黄ぐすみの可能性大

鏡で分かりにくいという方は、家族や友人にチェックしてもらうと客観的な目線で判断できます。
では、どうすれば黄ぐすみを防ぐことができるのでしょうか。

紫外線UV-Aとは?

対策は予防しかありません。黄ぐすみの原因は紫外線のA波。老化やシワの原因とされているものです。着々と肌が老化していることになります。
A波を防ぐ日焼け止めクリームはSPFではなく「PA」です。

SPFとPAの違い

そもそも日焼け止めクリームに明記されている「SPF」や「PA」の違いをご存知ですか? ・SPFは、シミや皮膚ガンの原因になるといわれるUV-Bに効果を期待できるもの。 ・PAは、シワやたるみ、肌の老化につながるといわれるUV-Aに効果を期待できるもの。 SPFの数値で選んでませんか?30より70のほうが紫外線ブロックの効果があるのは確かですがデメリットもあります。ズバリ!乾燥肌です。日焼けをブロックする代償として皮脂のバランスが崩れ肌は乾燥しがち。SPF高めは、ふだん使いとして決しておすすめできません。以前のうるおい肌に戻すのに時間がかかったという人も多いんです。SPFが高いものは海水浴など紫外線浴びまくり限定。ふだんは、洗濯物を干したり買い物に出かけたりするといったちょっとした紫外線対策は、SPF低めのほうがいいんです。美肌対策が逆効果に、なんてことが起こりうるのが日焼け止めクリームなんです。

A波は真皮にも届くほかに、雲や窓ガラスも通り抜けやすい性質を持っています。つまり家のなかにいても安心してはいけないということです。

特に薄曇りの日は要注意。

△スタッフが小雨まじりのゴルフで日焼けしたときの腕の様子。画像ではわかりにくいかもしれませんが1日中曇りだったにもかかわらずしっかり日焼けしてました。日焼けしているということは間違いなく紫外線A波も届いていることになります。

正しい日焼け止めクリームの塗り方


△パッケージで注目するのは紫外線Aをプロテクトする(防ぐ)という意味の「PA」です。SPFはシミ対策のほう。B波のときに気をつけます。

PAは「+」が多いほどより強力になります(最大で+は4まで)。その分、かぶれたり乾燥肌になるなどのデメリットもあるので注意が必要。日常使いは「+」が少なめのほうがいいんです。

量は多めに

一回に使う量は多めにしましょう。目安は手のひらに乗せる量が500円玉くらいの大きさ。たっぷりめに使わないと効果は激減。使う量が半分だと4分の1まで効果は減ってしまうそうです。

<ここがポイント>
量が半分=効果も半分ではなく、量が半分=4分の1の効果になってしまうので量はケチらない!

塗り方

日焼け止めクリームはまず手のひらにまんべんなく広げてから塗る、という人がほとんどでは?

それダメ!手のひらをちゃんと塗っても仕方ありません。ちゃんと塗るのは顔なので500円程度のクリームを手にひらにとったら、もう片方の手の指につけ、ぽんぽんと顔の肌にのせるようにつけていきます。
さらに、目の下や小鼻などは、きつね指にしたときの2本の指できめ細かく。
△人差し指と中指だと、力が入りすぎず細かいところまで手が入りやすいんだとか。これはエステでも使われるテクニック。

15分待つ

優しく塗り終えたら、15分待ちます。なじむまでの時間も大切。化粧は馴染んでから塗るようにします。

アラサーママ
ん〜面倒くさいかも

まとめ

日焼け対策といえば、シミの原因となるUV-Bの対策ばかり気にしている人が多いのではないでしょうか。黄ぐすみという聞きなれない言葉したが、要はUV-A対策。

みんなが気にしている日焼けによる紫外線対策じゃないほうです。曇りの日や室内にいても影響を受けるUV-A対策を怠ると肌の老化がすすむばかり。

UV-Aの対策にももっと気を配るべきなんです。室内で日焼け止めクリームを塗るなんてちょっと勘弁という人も多いですよね。べとつきがイヤという人もいます。

黄ぐすみやシミは作りたくない!でも日焼け止めクリームやアームカバーをつけるのも面倒という方は飲む日焼け止めサプリを利用してみてください。

-紫外線対策
-, , ,

Copyright© もうシミを作らないぞっ , 2019 All Rights Reserved.