日焼け止めいろいろ

ハワイで日焼け止め禁止へ 禁止成分が入っていないオススメ日焼け止めは?

更新日:

ハワイで、サンゴ礁に有害な成分を配合した日焼け止めの販売と流通を規制する法案が可決され、2021年1月1日から施行されることが決まりました。

アラサーママ
ハワイで日焼け止めが使えなくなるの!?
美白ちゃん
無防備な日焼けで待っているのはシミ・・・シワ・・・
もし勝手に日焼け止めを使ったら捕まっちゃう?いろんな疑問がわいてきますね。

結論からいうと、環境や人に優しい日焼け止めを使えば大丈夫ですよ。

アラサーママ
環境や人に優しい日焼け止めってナニ!?

禁止される日焼け止めは?


禁止される日焼け止めは、「紫外線吸収剤」に分類されるオキシベンゾンオクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)が含まれる市販の日焼け止め。2021年からハワイでの販売や流通が禁止されます。

禁止成分「オキシベンゾン」&「オクチノキサート」とは

そもそも日焼け止めは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類に分けられます。
それぞれの特徴がこちら。

 
紫外線吸収剤
紫外線散乱剤
特徴紫外線を吸収し皮膚に紫外線が届くのを防ぐ粉末が紫外線を吸収・散乱することにより紫外線が届くのを防ぐ
白浮き透明なので白く見えない白く見えやすい(見えにくいものあり)
強い弱い
肌への刺激(副作用)まれにかぶれる人あり刺激少なめ
耐久性効果が弱まるので塗り直しが必要汗により流れ落ちやすいので塗り直しが必要
向いている人炎天下で作業をする大人子供、敏感肌の方
代表的な成分メトキシケイヒ酸オクチル(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)、ジメチルPABAオクチル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン 等酸化亜鉛
酸化チタン
禁止される成分オキシベンゾンとオクチノキサートは、いずれも「紫外線吸収剤」に分類される日焼け止め。紫外線を跳ね返すのではなく紫外線を吸収して皮膚の内部に侵入するのを防ぐ働きを持っています。

このオキシベンゾンとオクチノキサートが、サンゴ礁を死滅させているとする研究結果が発表されたのを機に、問題視する動きが出ていたのです。

一方で禁止には反対の意見も。

「日焼け止めに使われている安全で効果的な2つの成分が禁止された。根拠となっているのは、そうした成分がサンゴ礁にとって有害だと主張する1つの研究結果にすぎない」。米日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)などのメーカーでつくる全米業界団体幹部のジェイ・シロイス氏はそう反発する。(出典:CNN)

でも、もう決まってしまいました。観光客もオキシベンゾンとオクチノキサートを含まない日焼け止めを使ったほうがいいでしょう。

日焼け止めの種類別比較・使い方まとめ 散乱剤と吸収剤の使い分けは?

夏が近づくにつれてドラッグストアでは日焼け止めアイテムのスペースが増えていき、ピーク時には棚一面が埋 ...

続きを見る

ハワイでも使える日焼け止めの選び方

アメリカでは実に3500種類以上もの日焼け止め製品にオキシベンゾンとオクチノキセートが含まれているといいます。

実は、観光客が持ち込んだ日焼け止めは規制対象外。旅行で持ち込むことは問題ありません。

美白ちゃん
でも美しい海を守りたいというハワイの人の気持ちには寄り添いたいわよね
調べてみると、紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤が主成分のノンケミカルタイプの日焼け止めを選べばOK。
 
紫外線吸収剤
紫外線散乱剤
特徴紫外線を吸収し皮膚に紫外線が届くのを防ぐ粉末が紫外線を吸収・散乱することにより紫外線が届くのを防ぐ
白浮き透明なので白く見えない白く見えやすい(見えにくいものあり)
強い弱い
肌への刺激(副作用)まれにかぶれる人あり刺激少なめ
耐久性効果が弱まるので塗り直しが必要汗により流れ落ちやすいので塗り直しが必要
向いている人炎天下で作業をする大人子供、敏感肌の方
代表的な成分メトキシケイヒ酸オクチル(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)、ジメチルPABAオクチル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン 等酸化亜鉛
酸化チタン
右側の「紫外線散乱剤」欄にある「酸化亜鉛」や「酸化チタン」が主成分の日焼け止めです。

ただし、やっかいなことに「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の両方入っている日焼け止めも珍しくありません。

美白ちゃん
いいところ取りの日焼け止めも出回ってるの
日焼け止め選びで困ったときは、刺激が少ない赤ちゃんや子供向けの日焼け止めを選ぶとほぼ間違いなくノンケミカルタイプに行き当たります。

これらはほんの一部です。

ポーラ流日焼け止めの選び方

体の透明感にアプローチするサプリインナーロックを飲んでいるので、ポーラの日焼け止めも調べてみたところ、ハワイ旅行のためにあるような日焼け止めを見つけました。

ポーラが出ている日焼け止めは3種類。目的や生活シーンに合わせて選ぶことができます。

  1. UVケア&美白ケア重視
  2. マイルドな感触&紫外線吸収剤フリー
  3. 近赤外線カット&アンチエイジングケア成分配合
アラサーママ
ハワイで使えるのはどれ?
美白ちゃん
2よ。例の紫外線吸収剤を使ってないのがポイント
ハワイ向きなのは2のホワイティモUVブロックミルキーフルイドという日焼け止めです。

・紫外線吸収剤を使っていない(オキシベンゾンとオクチノキサート)
・しっとりした感触で子供(2歳以上)と一緒に使える
・全身に使える
・朝、メーク下地の前に使う

アラサーママ
ハワイに行ったらガンガン使わせていただきます
美白ちゃん
・・・行くの?
アラサーママ
たらればママと言われてます
美白ちゃん
かわいそう・・・

ちなみに、3の日焼け止めは、日焼け止めの最高峰といってもいい最高峰ブランドB.A プロテクターという商品で乾燥肌やエイジングケアまで考えた日中用の日焼け止めクリームです。

45gで1万円超というと高く感じるかもしれませんが1回に使う量は真珠大でOK。薄く伸びるので顔全体なら3ヶ月、体もケアしても2ヶ月もちます。以か月3300円くらいですからコスパがいいといってもいいと思います。

アラサーママ
お金持ちになりたーい!
美白ちゃん
ただしメトキシケイヒ酸エチルヘキシルはオクチノキセートのことだからハワイ向きではないわね
ハワイでポーラの日焼け止めならホワイティモUVブロックミルキーフルイドになります。

ちなみに、塗り方の動画がありました。


参考にしてくださいね。

まとめ

もう一度、日焼け止めの種類を確認しておきます。

 
紫外線吸収剤
紫外線散乱剤
特徴紫外線を吸収し皮膚に紫外線が届くのを防ぐ粉末が紫外線を吸収・散乱することにより紫外線が届くのを防ぐ
白浮き透明なので白く見えない白く見えやすい(見えにくいものあり)
強い弱い
肌への刺激(副作用)まれにかぶれる人あり刺激少なめ
耐久性効果が弱まるので塗り直しが必要汗により流れ落ちやすいので塗り直しが必要
向いている人炎天下で作業をする大人子供、敏感肌の方
代表的な成分メトキシケイヒ酸オクチル(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)、ジメチルPABAオクチル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン 等酸化亜鉛
酸化チタン
ハワイ旅行に際には、オキシベンゾンとオクチノキセートが含まれていない日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

-日焼け止めいろいろ
-, , , , , ,

Copyright© もうシミを作らないぞっ , 2019 All Rights Reserved.