インナーロック タブレットIXS 飲む日傘サプリ

【ホワイトショットのサプリ】インナーロックIXSには何が入っているの?原材料18種類ぜんぶ調べてみた

更新日:

ポーラ(POLA)のホワイトショットシリーズのサプリ「インナーロック タブレットIXS」のギモンや不安を解消します。

今回は原材料について調べてみました。
わたしも実際に飲んでいるのでとても気になります。

staffゆうきち
一つでもネガティブなものが入ってたらイヤじゃないですか
というわけで、いつもより時間をかけてひとつひとつチェックしたので参考にしてください。

インナーロックIXSには何が入っているの?

ポーラの飲むコスメ・インナーロックの成分表示です。公式サイトですべて公開されているものです。

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

数えてみたら、18種類ありました。

1センチにも満たない錠剤に詰まっています。ザッと眺めてみて気になる表示がけっこうありますね。

12種類め:ステアリン酸カルシウム

最初に気になったのは「ステアリン酸カルシウム」でした。原材料表示を上から数えて12番目に表示されています。調べてみた記事がこちら。

【POLA】飲む美容コスメ「インナーロックIXS」に入っている「ステアリン酸カルシウム」とは?【ホワイトショット】

肌の透明感にからだの中からアプローチするサプリ「インナーロック」を飲む前のこと。原材料表示を見て気に ...

続きを見る

結論だけいうと、カプセル内の湿気を防ぎ固まりになるのを防ぐために用いられるもので一切問題ない成分でした。

<おもな用途>
安定剤、増粘剤、固結防止剤、錠剤・カプセルの製造用剤等


△これは以前飲んでいたサプリ。大きめのカプセルに包まれています。


△カプセルの中身はこんな感じ。触ってみるとサラサラ←これがおそらくステアリン酸カルシウムのチカラです。

インナーロックは錠剤タイプなのでカプセルタイプより量は少ないかもしれませんね。
では、ほかの成分も見ていきましょう。

1種類め:インドキノキ抽出物

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

原材料表示は配分量が多い順で並んでいます。これは法律で決められているのでウソはつけません。そのトップに表示されているのが、インドキノキ抽出物。ポーラ独自の配合成分「ブランノール」の核となるエキスです。

アラサーママ
なんちゃらイノキ?
美白ちゃん
インドキノキよ。分けるなら「インド、キノ、キ」って感じ。「インド」の「キノ」という名前の「木」というイメージかしら
このインドキノキの心材、インドでは糖尿病や老化防止に効くとされた神聖な樹木。そこにポーラが目をつけて研究した結果、美白機能を見出したのです。

ブランノールは、インドキノキと呼ばれるインド南部からスリランカに生育する常緑樹の心材から抽出されたエキスです。インドでは古くから健康や老化防止のためにインドキノキの心材で作ったコップに水をため、その水を飲んでいたといわれています。また、暑さの厳しい環境でも育つ樹木であることから、「生命力」の象徴とされる植物です。

ブランノールには、動脈硬化の原因のひとつである過酸化脂質の発生を抑制する作用があるが、それ以外に美白機能が期待できる抗炎症作用もあることから、美白機能について研究してきました。その結果、ブランノールは細胞において、メラニンの産生を抑制し、またメラニン合成酵素のチロシナーゼの阻害を行うことで シミの発生を抑制することがわかりました。

さらにヒトが飲用した際にも、色素沈着に対する強い改善作用や長期の連用によるシミの抑制効果が確認されました。以上のことから、ブランノールは、シミで悩む女性や健康へのサポートを行うことが可能であると考えられます。
(出典:ポーラnewsリリース

美白ちゃん
ちゃんと読んでみると「日焼け止め」というよりシミの元を断つというアプローチの仕方ね

胞において、メラニンの産生を抑制し、またメラニン合成酵素のチロシナーゼの阻害を行うことで シミの発生を抑制

紫外線だけじゃない…シミやくすみの原因「ターンオーバー」とは

紫外線予防ばかりに目を向けていてはシミ対策は十分ではありません。 シミ対策はターンオーバーと呼ばれる ...

続きを見る

アラサーママ
樹木から抽出したエキスってことだから成分的に問題ない気がする
天然由来の成分ですから問題ないでしょう。
ちなみに、北海道では白樺の樹液を飲みます。樹木のチカラに目をつけて美容に生かそうとする発想はポーラならではでしょう。

2種類め:還元麦芽糖水飴

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

つづいて、還元麦芽糖水飴。別名マルチトール。でんぷんが原料の麦芽糖から作るもので、まろやかで良質な甘さが特徴。砂糖の80%〜90%くらいの甘さを持っています。

一方、カロリーは砂糖の2分の1程度。腸で吸収されにくい性質もあるので低カロリーの甘味料によく使われています。

アラサーママ
なんで甘いもん入れてるの?サプリを飲み込むだけなのに
実は、熱やカビに強い安定性を保つ性質もあるので錠剤のコーティング(糖衣)にもよく使われています。
サントリー[自然のちから]極の青汁 90包
身の回りのものを調べてみたら、わたしが飲んでいるサントリーの青汁にも入っていました。

ほかに使われる食品として「ガム」があげられます。ベトベトしないのは還元麦芽糖水飴(マルチトール)でコーティングしているおかげなんです。

アラサーママ
ベトベトしてたら錠剤同士がくっついちゃうもんね
品質保持を目的としたもので問題ないでしょう。

3種類め:桃の花エキス

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

桃の花エキスは文字通り「桃」です。同じホワイトショットシリーズにはクリームタイプの保湿成分として含まれています。クリームタイプのほかには、入浴剤などにも使われていますね。

天然由来成分なので問題ないでしょう。

4種類め:ローズマリー抽出物

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

ローズマリー抽出物はIXからIXSに進化した中で新配合された「ベイベリーバークS配合」の核となる成分です。

ベイベリーバークS配合

ベイベリーと呼ばれるヤマモモの樹皮から抽出したベイベリーバークエキスと、ローズマリーから抽出したエキスをオリジナルのバランスで配合したポーラオリジナル原料。
このベイベリーバークS、メラニン量を適切にして肌本来の機能を保つ働きを持ちます。

シミにアプローチする成分であることがわかります。

また、「よくある質問」に旧商品と比べて香りが強く感じるのはなぜですか?という質問がありました。答えはこちら。

+ クリックして下さい

これまでのインナーロック IXと、色やサイズは全く同じになります。また、インナーロック IXと同じ、フィルムコートというコートをしています。粒を大きくすることなく有効成分をぎゅっと閉じ込めるために、コートをできる限り薄くしていますので、中の成分の香りを感じやすい可能性があります。インナーロック IXでは、「ブランノールEX」の香りを感じやすかったのですが、今回は、新しく配合したポーラオリジナル成分「ベイベリーバークS」に含まれる、「ローズマリー」が香りの強い成分ですので、ローズマリー特有の清涼感の強い香りを感じやすいです。

香りはローズマリーの成分とのこと。個人的には、あまり気になりませんがニオイを嗅ぎ比べてみました。

たしかに同じニオイです(笑)
これも天然由来の証し。ニオイで安心させてくれました。

5種類め:ヤマモモ抽出物

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

ヤマモモ抽出物は、先ほど紹介したようにローズマリーと並んで「ベイベリーバークS配合」の核となる成分です。

6種類め:ヨモギエキス

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

ヨモギエキスも今回新配合された「YACエキス」の核となる成分です。厳選したヨモギから独自製法を用いて高濃度に抽出したポーラオリジナルの原料。

黄ぐすみの原因物質「AGEs」の除去機能があります。

staffゆうきち
長い年月をかけて肌の老化やシワの原因になる、めっちゃコワイやつ
【NHKあさイチ】日焼けによるシミより怖い「黄ぐすみ」しわ老化を防ぐ正しい紫外線対策

2017年6月28日にNHK「あさイチ」で黄ぐすみを特集していました。 黄ぐすみとは日焼けによるシミ ...

続きを見る

黄ぐすみを意識した美容ケア商品に初めて出会いました。

7種類め:メロン抽出物

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

メロン抽出物は、旧商品から受け継がれた「メロングリソディン」の成分です。

南フランスのアヴィニョン地方産の傷みにくいメロンから抽出した成分。日持ちするメロンの開発を目的に、自然交配によ る品種改良を重ねた末に誕生した希少なメロンです。一般的 な品種と比較して7~8倍もの抗酸化酵素を含むため、傷み にくく、日持ちする特性を持っています。この優れた力に世界中で注目が集まっています。


(画像引用:公式リリースより)

簡単にいうと、シミって肌のサビつきですから「抗酸化」へのアプローチはとても大切です。

8種類め:結晶セルロース

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

結晶セルロースは木材や草から抽出したパルプの主成分です。水に溶けない食物繊維で様々な成分と混ぜても変化しない特徴を持っています。錠剤を成形する=ちゃんと固めるために使われます。

安全性は問題ありません。

9種類め:ビタミンC

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

ビタミンC・・・説明の必要はありませんね。肌の美容ケアで欠かせません。

10種類め:シクロデキストリン

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

シクロデキストリンは芋やトウモロコシのでんぷんからつくられる成分。環状ブドウ糖とも呼ばれています。

他の成分を取り込んで溶けやすくする特徴があり、サプリの吸収効率をアップさせます。

11種類め:ヒドロキシプロピルメチルセルロース

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

ヒドロキシプロピルメチルセルロース。

アラサーママ
絶対に噛む自信がある
8種類めに出てきましたね、結晶セルロース。このヒドロキシプロピルメチルセルロースも食物繊維です。
錠剤の結合剤や乳化安定剤として用いられます。
staffゆうきち
このへんは品質を変えずに提供するためのものが続いてることになる
体内で吸収されないので安全です。

13種類め:微粒二酸化ケイ素

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

12種類めは最初に解説したので13種類めは「微粒二酸化ケイ素」。これも錠剤の品質を安定させるため。湿って品質が変化するのを防ぎます。

14種類め:糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)は錠剤が溶けやすくするために使われています。

15種類め:ビタミンE

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

ビタミンEは抗酸化作用があり、体が酸化するのを防ぐ働きがあります。

アラサーママ
体がサビつかないようにするわけね。でも15種類目めだから量はたいしたことないかも

16種類め:着色料(二酸化チタン、クチナシ)

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

錠剤が白いのは着色料の二酸化チタンやクチナシを使っているから。ヨーグルトやチーズ、マヨネーズ、ホワイトチョコ、マシュマロなどにも使われています。

また塗るタイプの日焼け止めにも二酸化チタンは使われます。紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤タイプの商品の多くに含まれています。
ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルドSPF50+ PA+++ 30ml
ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルドSPF50+ PA+++ 30ml

唯一気になる成分ですね。幅広く使われているのですが、海外では体に害があるのではないかとする報告がされています。厚生労働省の調査です。

経口摂取された二酸化チタンは実質的に無害と考えられている。1 ポンド(450 g)の 二酸化チタンを経口摂取した場合も影響は無く、24 時間以内に糞中に排泄されたとの 記載がある
(出典:厚生労働省「有害性総合評価表『物質名酸化チタン』」)

わたしは食品に広く使われているもので気にすることはないと思いますが、どうしても気になる方は二酸化チタン不使用のサプリを探してみてください。

個人的には、病院で処方される薬など一般的に使われているものですし、厚生労働省が人体に影響はないとして使用を認めているものなのでこのまま飲み続けます。

17種類め:グリセリン脂肪酸エステル

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

グリセリン脂肪酸エステルは、様々な成分を均一にする乳化剤ですね。カプセルを形成する原料としても使われます。食品添加物のなかで代表的な部類になります。

18種類め:カルナウバロウ

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキス、ローズマリー抽出物、ヤマモモ抽出物、ヨモギエキス、メロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

なんか言いたくなる名前ですね。

アラサーママ
かるなうばろう
staffゆうきち
かるなうばろう
カルナウバロウも錠剤を固める成分です。植物由来なので安全性に問題ありません。

まとめ

わたしが飲んでいるインナーロックの原材料について調べてみましたが、いかがでしたか?
肌の透明感にアプローチする成分を赤字にするとこちら。

インドキノキ抽出物、還元麦芽糖水飴、桃の花エキスローズマリー抽出物ヤマモモ抽出物ヨモギエキスメロン抽出物(デキストリン(小麦を含む)/ 小麦グリアジン、メロン濃縮物)、結晶セルロース、ビタミンC、シクロデキストリン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、糊料(カルボキシメチルセルロースカルシウム、プルラン)、ビタミンE、着色料(二酸化チタン、クチナシ)、グリセリン脂肪酸エステル、カルナウバロウ(出典:公式サイト)

あとは錠剤の成分が変化しないようしたり、カタチが崩れないようにしたりといったものがふくまれていることが分かりました。サプリメントも「食品」ですから品質を安定させるためには当然といえば当然の成分なのかもしれません。天然由来の成分だけだと「ナマモノ」になってしまい数日しか飲めないサプリになってしまいます。

マイナス要素として気になったのは「二酸化チタン」くらいでしょうか。

staffゆうきち
気になる成分はあった?
アラサーママ
コレだっていうより独自成分がいっぱい詰まってることに驚いたかな
staffゆうきち
まさか黄ぐすみまで意識しているなんて思わなかったからヨモギ由来の成分は気になった

ポーラーのインナーロックIXSについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの公式サイトからチェックしてください。

-インナーロック タブレットIXS, 飲む日傘サプリ
-, , ,

Copyright© もうシミを作らないぞっ , 2019 All Rights Reserved.